ブログモニター 手術当日 脂肪吸引1〜2週間 脂肪吸引当日~1週間

脂肪吸引モニター♡手術当日レポート

更新日:

脂肪吸引ブログモニターのA子です!

A子、無事に太ももの脂肪吸引を終えました♡
脂肪吸引のブログモニターをさせていただいてるので、
手術前と手術直後の具体的な感想を記録していきますね♪♪

 

どきどきの手術直前~手術室に移動

手術前に先生が私の太ももに赤いペンで何やら沢山線を書いてました。

恥ずかしいのとこしょばいので、
この時はなんだか緊張がなくなってたのですが…
いざ清潔そうな真っ白の手術室へ行くと緊張がピークに!!

看護師さんが私の身体に何かを塗り塗り
それが冷たくてなんだかドンドン緊張が高まり!

その後手術台に寝転び、点滴をさしてもらい、
しばらくすると先生が来て麻酔をかけてもらいました!
そこからは全く記憶がないです‼(笑)

カウンセラー  佐倉ハル
赤いペンで書いていったというのは、手術の際に医師が吸引量の目印にしている、通称【デザイン】と言われる作業です♪

この時に当院独自のマークを付けて、《ここはたくさん吸引できる》《ここは取り過ぎないように気をつける》などを、患者様一人一人の脂肪量や筋肉量、皮膚の硬さなどを触診しながら印を付けていきます♪

このデザインにより、バランスの取れた美しい太ももに仕上がるんですよ♪

※こちらのデザイン写真はA子ではなく別の脂肪吸引モニターさんの写真を引用しています。

手術直後 麻酔の力ってすごいです!!

気付けば包帯ぐるぐる巻きに術着を着て手術台にいました。
正直手術後、痛くて痛くて手術台からなかなか降りられず!

でも手術台を降りてからどうやってリカバリールームへ移動したかは
あまり覚えてないんですよね、、麻酔って凄い‼

布団の中で目が覚めたんですが、とにかくお布団が温くて温くて気持ち良かったんですよね~♡

途中、看護師さんが様子を見に来てくださって、色々言葉をかけてくださいました♪
この辺りの記憶は曖昧ですが、とにかく白衣の天使ってこのことだなと思いましたw
手術前も優しい言葉で安心させてくれました♡

看護師さんは私の手術の準備で忙しいはずなのに、
私を安心させようと気遣って下さり本当に優しい方でした。

マスクをあててすぐに眠ったようで、
手術中痛みも全く無くそこからは何も覚えてない感じです!

私が心配していた麻酔も、看護師さんが上手なのか全然痛くなくて良かったです♪

ただ正直布団の中で目が覚めたときは気分が悪く、
二日酔いのような貧血のときのような感じでした。。

看護師さんがお茶を持ってきてくださいましたが、なかなか飲む気になれず。。

気分が悪いのと、とにかく足が痛くて痛くて;
そこでお茶で処方された痛み止めを飲むことに!!
それからちょっとしたら薬が効いてきて痛みも和らぎました♪
それまでは足を少しも動かせなかったのが、なんとか動かせるように♪

カウンセラー  佐倉ハル
麻酔の抜け切っていない状態のときは会話や歩くことができても、完全に抜けた頃にはその時の記憶が無いという方が殆どなんです!これは静脈麻酔では通常の症状なのでご安心くださいね♪もちろん、お部屋の移動も看護師が付き添っているのでこちらもご安心を♪

また、脂肪吸引の手術では大量の生理食塩水を使用しているので、手術後はどうしても身体が冷え切ってしまいます。そのため、ゆっくり体温を戻していただくためにリカバリールームのお布団は温かく気持ちよい温度で管理しているんです♪

ホテルに帰ります

痛み止めの効果で落ち着きも取り戻し、お茶も普通に飲めるようになったので、
また痛みが出る前にホテルに帰ることに☆

看護師さんと受け付けさんが付き添ってくれて階段をあがりました!
荷物も全て持ってくださり嫌な顔ひとつせず
心配してくださっているのが伝わってくる優しい表情で、
ほんとにここにして良かったと思いました♪

そしてホテルまでは自力で歩いて帰りました!
普通ならおそらく5分くらいで歩ける距離も、20分かかりました(笑)

皆が私をぬかして行くのは少し悲しかったです(笑)
続いて、ホテルでの様子も書いていきますね♪

カウンセラー  佐倉ハル
手術の後は、麻酔の影響でふらつきがあったり、包帯圧迫により歩きにくい状態の場合がありますので、できるだけホテルや自宅まではタクシーを使用して頂いたり、お迎えに来ていただくことをお勧めさせて頂いております。

患者様の安全が第一です。

-ブログモニター, 手術当日, 脂肪吸引1〜2週間, 脂肪吸引当日~1週間
-, ,

Copyright© A子の脂肪吸引モニターブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.